AREA513/contents.
scraps.
■scraps #17
 鳥になりたい。
 鳥になって、気楽に空を飛んでいたい。

 そんなこと、私はいわない。
 鳥だって生きているのだ。  ならば、鳥には鳥なりの苦労が必ずあるわけであって、決して彼らは気楽に飛んでいるだけではないのだ。
 そもそも「ただ飛んでいるだけ」の奴など、鳥ですらないではないか。鳥は飛び、捕り、食い、残し、そして死ぬ。死ねるのは生きているからであって、また残せるのも生きているからだ。「ただ飛んでいるだけ」ではそんなことはできない。それでは生きていないのと同じだ。そんな自ら「生きていないもの」になりたいなどと、断じていえない。私は生きたいのだ。
 ただ生きるのではなく、生きた証を。自らの心の中だけでもいい。その証を刻みながら、私は生きてやる。


Copyright (c) satukihitomi All rights reserved.