AREA513/contents.
text.
■温室現代
 いや、曰く現代は温室のようなものらしい。昔はもっと死が近くにいて生きることに力を削がなければならなかったとか。
 まぁわかる気はする。確かにそうだろう。現代日本では(ほとんどの人間が)命の危険を身近に感じて生きてはいない。

 が、今回はそれがどうしたという話である。今は今、昔は昔。決して過去を軽んじているわけではないのだが、現状が存在するし、状況が過去でないのにそういうことを言われても仕方がないと思うのだ。私のひとつの側面では。

 確かに過去の経験や出来事は大事だが。だが現代は現代だ。乾いた温室で生きるのも大変なのである。「過去を生きるほうが大変だった」という意見はこの場合意味を成さない。過去と今は状況もちがえば価値観もちがう。過去の価値観で現代は計れないのだ。
 だいたい「昔は大変だった」と言う人間も現代に生きている限りは過去ではない。生存だってほぼ確定的だ。だからこそ、そういった台詞が吐けるわけである。先の台詞は対比の上に成り立つものだから。そしてその対比は現代で心に留めておくこと程度にはなれど、強い言葉にはならない。直接的に役にも立たない。

 ……まぁ、だから何って話ですが。ふとそう思ったのです。
 そんな感じ。


Copyright (c) satukihitomi All rights reserved.