AREA513/contents.
text.
■夢について
 なぞなぞ。目を開けていても閉じていても見れるものってなんだ?

 答えはタイトルの通り「夢」ですね。寝てる時に見る夢と、ただ待ち過ぎ去るだけの理想、あるいは実現可能な努力目標の夢。
 ちなみに私はこのなぞなぞを聞いたとき、さっと「闇」と答えてしまった。だって目を開けても閉じても見えるじゃないですか。……発想自体がネガチブなんですよね。むう。

 まぁそれはそれとして、夢はどっちにしても目を閉じて見るものだろう、と思った。眠るときに見る夢は当然目を閉じているし、未来に見る夢も目を閉じていないと見れない気がする。つまり、夢に対して盲目にならなくてはならない気がするのだ。「なんでこんな夢を追っているのか」なんて考え出したらくじけてしまうだろうから。

 でも実質を見ないで夢を追うのは……どうなんだろう? 強い気もするけど、いや強いんだろうな。盲目で突き進むというのは。見なきゃいけないものを見落としそうだが、見なくていいものも見ないだろうし。

 しかし見るべきところを見ておかないといけないんだろうな。力では押し切れないところもあるだろうし。

 少し目を開いて突き進むのがいいのかな? と思った。


Copyright (c) satukihitomi All rights reserved.