AREA513/contents.
text.
■古人の心を知ること
 最近、学校の図書室で本から狐関係の記事を漁ってはノートに書き写していて思った。
 そういえば昔の人もこうやってたんだなー、と。
(印刷技術がなかった昔、気に入った本は写本して手元に置いたのだ。)

 しかし古人のそれは私のとはスケールがちがう。なんたって本一冊丸写しだし。しかもそれが現代にまで残されてすごい重要品扱いされてるし。

 そういう写本の中には、同じ作品でも字がちがっているものがあるらしい。写し間違いというやつだ。写す元の本が下手な字で書いてあったのか、あるいは写し手がいい加減なやつだったのか。どっちにせよ
「なんだこいつ、きったない字書いてやがんな〜」
とか
「うわ、間違えた。……まぁいいか。俺しか読まんし」
とか思って写していた人たちがいたにちがいない、と思う。なんかそんな古人の心を知った気がした。


Copyright (c) satukihitomi All rights reserved.