AREA513/contents.
text.
■当サイトについて
 はじめに、これはいわゆるサイトアバウトではありません。いえ、サイトアバウトかもしれませんけど。とにかくまぁそんな感じです。では以下。

 当サイトは最小ブラウザサイズを640×480pxと想定しています。ついでに最大ブラウザサイズもそんなに大きく考えていません。その辺の理由は私が普段ブラウザを小さめで使ってるからですね。そう、私の都合で作っているのです(いえ、なるだけ多くの環境で同じように観えるようには作ってますけどね)。入口のページにも書いてあるように、ここは自慰的な、つまり自己満足の意味がだいぶ強いところです。っていうか個人運営のウェブサイトなんていうのは多分に自己満足でやってる、と思います(何にでも例外はある)。それも仕事じゃないんだから当然といえば当然ですね。なんぞの使命感を持ってやっていたとしても、それを与えたのが他人で無い限りやっぱり自己満足ですしね。

 とまれ、自己満足でやってるからって満足しているわけではないんですけどね。いうなれば「自己満足するために」やってるってことですね。今回のサイト再編もそのあたりが絡んでたりします。もうちょっとお客様の歩きやすさと観やすさをどうにかしようとか思って。いちおう全ページに全ページへのリンクを用意したり、なるだけ無駄なところは削って(あるいは隠して)みたり、フォントサイズを(若干)大きくしてみたり。こうやって自分以外の人のことを思ってやったわけですが、やはりこれも自己満足なわけです(満足しきってはいませんが)。

 と、このへんをもうちょっと考えると「善意も自己満足なのではないか」というような考えが出てきたり出てこなかったり。ちなみにここでいう善意とは、善意を受ける側が善意を受けたいことを明示していない場合に行使される善意とします。この場合、相手がどんな状況であれ善意を行うか行わないかは自分の意思一つ。となれば、どういう行為を選択しようがそれは自分の(100%かどうかは別として)満足する選択である、はずです。決定するのが自分しかいないわけですから、どういう選択であれその時点では自分の望む選択であるはずなのです。つまりは自己満足、ということになります。

 しかし「自己満足」というと何故かマイナスのイメージがついてきますね。それは自己満足が自己中心的な雰囲気を持っているからでしょうか。でも一概にそうではないんですね。こういう言葉って多いです。偽善とか。

 ……と、このサイトでは小説のほかにこういうよくわからない文章もあつかっていきます。好きなんです、こういう無意味に文字を連ねるの。要は自己満足ですね。


Copyright (c) satukihitomi All rights reserved.